スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラム:「英語を英語のまま理解する」ってどういうこと?

お久しぶりです0302b3.gif

P1013849.jpg

やっちゃんです0120onpu.gif


最近聞くこの言葉。
確かに、単純に考えて「英語を英語のまま理解」できると
英文を読む時に和訳しながら読む人と比べて約半分かそれ以下の時間で読むことができます。
(入試ではだいぶ有利ですね0302b5.gif

じゃあ、どうすれば英語を英語のまま理解できるのか0301q5.gif

これはすごく難しい問いなのですが、やっちゃんの答えは、
日本人の場合、自分の中で「Englishがカタカナになったとき」に初めて実現されるのだと考えています。
(※もちろんこれは感覚的なたとえ話です。)

簡単に言うと、みなさんは「ハローHello!」「サンキューThank you.」
「アップルapple」「コミュニケーションcommunication」など、
日本語の中でもカタカナで書き表すことができてすでになじみがある
単語・表現っていちいち訳して理解していますか0301q5.gif

わざわざ「ハローはこんにちはだから…」なんて考えずに感覚的に理解していると思います。

「Englishがカタカナになったとき」とは、まさにその状態なんです。
文の中で使われている単語が、日本語を使わなくても分かる状態になると
自然と「英語を英語のまま理解」しています。
別に日本語を聞いて理解するのと何も変わりません。
でもその状態を手に入れるには、やはり「反復」がカギになってくるんですね。
どういうことかと言いますと、

英語を日本語にして理解する場合
「apple」→→→「脳」→→→→→→「リンゴ」→→→(リンゴの絵文字)

反復学習を続けていくと
「apple」→→→「脳」→→→「リンゴ」→→→(リンゴの絵文字)
「apple」→→→「脳」「リンゴ」→→→(リンゴの絵文字)

こんな感じで「脳」が「リンゴ」と訳すまでの時間がどんどん短くなっていき、最終的には、
「apple」→→→「脳」→→→(リンゴの絵文字)
となり、英語を英語のまま理解できるようになります0330apple.gif



何が言いたかったのかというと、英語学習には反復学習が色々な意味でとても大事だと言うことでした。
どんどん自分の中のカタカナ辞典に沢山の英語をいれていってくださいね0302b5.gif


これを応用すると、すでにカタカナとして馴染みがある単語については
前回お話しした「単語の音と意味を結びつけてあげる」プロセスは省略できるということになります。
(いきなりスペルを覚え始めてOKです)
ただし、和製英語といってカタカナと英語の意味が違うことも時々あるので注意してくださいね。


【おまけ:アメリカ流語呂合わせ】
アメリカ人もゴロが好きです
ただちょっと日本のものとは違います。
ひとつ紹介すると、

F---father
A---and
M---mother
I---I
L---love
Y---you

こんな感じで
familyは "Father And Mother I Love You"の頭文字をとって
スペルを覚えたりなんかもします。


いかがでしたか?
次回は受験生がそろそろ気になる「長文の読み方」についてお話しさせていただく予定です。
スポンサーサイト

いかにあきずに、そして効率よく反復するか

こんにちは0120onpu.gif


やっちゃんです0203smaile.gif



image.jpeg



前回はちょっと前になってしまいましたが、反復学習大切さをお伝えしました。
またこの間のブログでは、

「見たり、書いたり、声にだしたりetc自分のやりやすい方法で」

単語を覚えてくださいね、と言いました。
基本的には自分にあった覚え方で覚えてもらえばOKなのですが、
さて、今回は「いかにあきずに、そして効率よく反復するか」
ということに絞ってお話ししたいと思います。

日本人(非英語話者)にとって「ひとつの単語を覚えた」といえるためには

03061.gif読み方・発音
03062.gif意味
03063.gifスペル


この3つを全て身につけることが必要です。(ひぇ0221hatena.gif大変です0221bikkuri.gif

おそらく皆さん学校等で今までにノートに単語練習を何回もしてきましたよね0301q5.gif

手が痛くなるまで頑張ったことのある子も中にはいるでしょう。
それでも上手く覚えきれなかった原因の一つに
03061.gif03062.gifをおろそかにした状態で03063.gifにばかり重点をおいてしまっているというのがあります。
ノートに単語練習をする前に日本語の意味は一度書いて終わり、
更に読み方にいたっては知らない(無視)しているなんてことはありませんか0301q5.gif


それでは、日本語が分からない外国人が読み方も意味も分からない漢字を
何度も練習しているのとおなじです。
皆さんは、意識していないと思いますが、赤ちゃんの時、
お父さんお母さんが話す日本語の音(発音)をまず覚え、その意味を知り、
そして小学校に入った頃ぐらいに字で表すことができるようになりましたよね。

英語でも同じように覚えるステップを踏む必要があるのです。
(これを専門用語でナチュラルアプローチといいます。興味のあるかたは検索してみてください。)
ただ、子供が言葉を覚えるのと同じことをしていたのでは忙しい皆さんには時間がありませんね。

そこで、紹介したいのが日本の中学生以上向きの「ナチュラルアプローチメソッド」です。
これは、アメリカの高校のESL(英語が出来ない外国人生徒向けの英語のクラスです)で取り入れられている方法で、
それをヒントに私が日本人向けにアレンジしたものです。


03061.gif単語の音と意味を結びつけてあげましょう。

最初に英語を発音して、その後に日本語が流れるCDなどが付属している教材の場合は
それを使うのがベストだと思います。
iPodなどに入れて何度も繰り返し聞くことでどんどん定着していきますよ。
(余談ですが、ぐんぐんではいま「お友達紹介キャンペーン」を行っていて、
紹介してくれたお友達がぐんぐんをはじめることになったら好きなプレゼントがもらえるのですが、その中にもiPod shuffleやsonyのwalkmanがあるので、音楽プレーヤーを持っていない人がいたら無料でもらえるチャンスです!!)


音声CDなどがない場合には、家庭教師の先生が来た時に一緒に発音の練習もしてみてください。
この場合も忘れないように毎日繰り返し声に出して練習してくださいね。


03062.gif単語の音とスペルを結びつけてあげましょう。

単語の音と意味がなんとなく「聞いたことあるな」くらいの感覚まで身に付いたら、
先ほどの音声を流しながらスペルを見てみます。どんな発見がありましたか
例えば、来月である「8月」は英語で「オーガスト」と発音しますが、
スペルを見てみると「August」とありますね。
あれ?発音だと「オー」なのに、スペルは「A」から始まるんだーというように、
ローマ字で考えていると、音とスペルがあわない…ってことに気づけたら合格です。
(ここで気がついたことが、後々スペルを覚える時に注意するポイントになります)
余裕がでてきたらスペルを声にだして言ってみてもいいですよ0302b5.gif



03063.gifここまでできて初めて、「スペル」を覚え始めます。

スペルを覚える時も、ただやみくもに「10回書こう0302b5.gif」というのではなく、まず
スペルを見ながら書いてみる



enpitu.png一度書いたものを手で隠して思い出しながら書いてみる
(分からなくなってしまったら手をずらしてちらっと見てOKです0302b5.gif

enpitu.pngこれを繰り返して何も見なくてもかけるようになったら合格です0221bikkuri.gif

手が痛くなっちゃうし、何よりも飽きてしまうのでここで一旦ストップしましょう。
3回目でかけるようになればそこでやめてOKですし、逆にどうしても覚えられない
単語は10回以上かかってしまってもかけるように頑張りましょう0221bikkuri.gif


enpitu.png次の日にまだ昨日書いた単語が覚えているかどうか書いてみる

enpitu.png覚えていれば合格、覚えていなかったら上の「写す⇒手で隠しながら書いてみる」という
ステップを繰り返します。

enpitu.png覚えられていた単語もそうでない単語も全部含めてこれを5日くらい続けたら
テストをしてみて、きちんとかけたらもうその単語は毎日の練習から外してもOKです。
覚えきれなかった単語はかけるようになるまで繰り返して練習しましょう。


これを毎日ちゃんとやると、テスト前に「単語を覚える」という勉強が不要になります。
ただでさえ覚えることがたくさんあるテスト前なので、ひとつでも新たに覚えることが
ないというのは、時間的にも体力的にも差をつけられると思います。
また、英語は積み重ねの科目なので、一度出てきた単語は次回からはもう習った単語として
どんどん出てきます。
だから「長期記憶化」することが大事になってくるんですね。

全3回にわたって
「英単語学習における反復学習の大切さと実行方法」についてお話しさせていただきました。
一旦、単語の覚え方はここまでにしておいて、次回は、やっちゃんがよく聞かれる
「英語を英語のまま理解する」ってどういうこと0301q5.gifというテーマで
お話しさせてもらおうと考えていますのでお楽しみに0221kira.gif

反復行動

皆さんこんにちは。


image (3)

髪を切ってちょっとサッパリしたやっちゃんです0221kira.gif


ちょっと間が空いてしまいましたが、今日は早速
どうやったら英単語を長期記憶として定着させることが
できるかについてお話したいと思います。

長期記憶として自分の中に定着させるために必要なのは、
ずばり「反復行動」です。

前回のブログでは、
「あと1か月後にテストがあり、単語を100個覚えなければいけない…」
という状況になった時に、単語100個÷30日=1日あたり約3個なので、
1日に3個づつ休日には4個づつ覚えようという計画を立てたけど、
テスト当日には最初のほうに覚えたものは忘れてしまっていた…
という話をしました。

この計画の最大の敗因は「反復行動」が伴っていないことにあります。


じゃ~ん!

これが、「反復行動」を意識した単語学習計画です0221bikkuri.gif


03061.gifまず、覚える単語を週ごとにわけます。
⇒今回の場合だったら覚える期間が1ヶ月なので、1週間に25個づつですね。

03062.gif月~金までその25個の単語を何度も繰り返し
見たり、書いたり、声に出したりetc自分のやりやすい方法で覚えます。
(どんな覚え方があるのかは次回のブログで書く予定です0221bikkuri.gif
ただし、1日で完璧に覚えられなくてもかまいません。
時間を決めて(たとえば毎日30分)その時間内でやれるだけのことをする0302b5.gif
って感じでやるといいと思います。
月曜日には初めて見た単語が学習が進むにつれて
見覚えのある単語に変わっていきます。


03063.gif週末になったら、今週覚えた単語25問テストをしてみます。
ここで8割ほど(25問中20問)○になればいいペースです。

03064.gif次の週には新たな25個の単語+先週覚えきれなかった単語
(テストで間違ってしまったもの)をまた1週間かけて覚えていきます

03065.gif1週間後の単語テストでは、今週覚えた分+先週合格した分の両方
やってみましょう0302b5.gif

もし、先週は正解できたけど、今回間違えてしまったものがあったら
次の週に覚える25個に追加します。
(もちろん、今週覚えきらなかった分も一緒に追加します)

03066.gifこんな感じで毎週進めていって、100問単語テストの直前になったら
100個全部の模擬テストをやってみてください。
そこで間違えてしまったものを再度覚えこめば当日はバッチリです0221bikkuri.gif


※覚える周期は別に月~金・週末にテストという感じでなくても、
たとえば、家庭教師の指導後~次の指導までを覚える期間にして
家庭教師の日に先生とテストという形でも大丈夫です。


どうでしたか0301q5.gif


ポイントは同じ単語を何回も何回も繰り返す(反復する)というところにあります。
1日で扱う単語の数が多いので「こんなに沢山覚えられないよ~」って思うかもしれませんが、1日で完璧を目指さなくてもいいので気軽にやってみてください
ただし、「毎日やる」ことが大切なので「今日は疲れたから明日まとめてやろう0302b5.gif」というのでは意味がありません
英単語に限らず、何かを継続してやるのは簡単なことではありませんが、
夏休み明けテストに向けて、または受験に向けて、この夏休みに是非挑戦してみてくださいね0302b5.gif

単語の覚え方

みなさんこんにちは。

家庭教師のぐんぐんで英語を担当しているやっちゃんです。


image (2)


このブログでは、英語の学習方法を中心として、さらに豆知識や
アメリカ生活のこぼれ話などを交えてお話ししていきたいと思います。
(高校・大学在学中にアメリカに住んでいました)
もし何か内容に関しましてリクエストなどありましたらコメント欄へお願いします。

さて、初回の今月のテーマ「単語の覚え方」についてです。
実は、やっちゃんは単語を覚えるのがとても苦手なのです。
そんなやっちゃんでも実際に6か月で約2000語の単語を覚えられた方法をご紹介します。

これは中学1年生から高校生まで、英語のレベルを問わず活用できる方法です。
(ちなみに英単語だけでなく、古典単語などにも応用できます!!)

まず質問ですが、
「あと1か月後にテストがあり、単語を100個覚えなければいけない…」
という状況になったらみなさんならどうしますか?

え?100個?多くてどうにもならないよ~と思いながらも
単語100個÷30日=1日あたり約3個 
ならば、1日に3個づつ、休日には4個づつ覚えよう!!となるのではないでしょうか?

これがもし「1か月で100個の単語を覚える場合、1日にいくつ覚えればいいですか?」
という割り算の問題なら、上の答えで大正解です。

しかし、果たしてテスト当日に初日(約30日前)に覚えた単語を覚えているでしょうか?

残念ながら、私の場合、答えはNOでした。。。

毎日コツコツと頑張ったのにそれが結果に結びつかなくてとても悲しい思いをしました。
きっと、普段から勉強を頑張っているみなさんも英語に限らずこんな経験があるはずです。
そしてそんな時に「自分はバカだからやってもできっこない」って苦手意識を
もってしまうのだと思います。(実際私はそうでした)
でも、問題は個人の能力というよりかは、そのやり方(単語の覚え方)が
自分に合っていないというのが大きいんですね。

(もし上のやり方で満点が取れる場合は、逆にその人にとっては
あっているやり方ということになります)

人間の記憶には「短期記憶」「長期記憶」があるんだそうです。
1日3個覚えて、その直後にテストをして全問正解だとしても、
それは「短期記憶」として脳内に一時的に保存された情報にすぎず、
ちょっと時間がたてば簡単に忘れてしまいます。

「短期記憶」⇒「長期記憶」の秘訣は「反復」学習です。
繰り返し目にすることで脳は重要な情報だと認識し、徐々に
「長期記憶」として定着していくようです。

分かりやすい例で説明すると、
定期テスト前の「一夜漬け」もこの「短期記憶」なのです。
(テストが終わったらすべて忘れてしまうのはこのためです)
これでは中学校の学習範囲がすべて含まれる受験には太刀打ちできませんね。

逆に、自分の家や携帯の番号って日常生活の中で何回も口にしたり書いたりするので、
なんの規則性もない10~11ケタの数字の羅列ですが頭の中にしっかりと残っていますよね?
これが「長期記憶」です。
中には、携帯のアドレス帳に頼りきっていて自分の番号もわからないという
人もいるかもしれませんが…(笑)

なので、話を戻しまして100問単語テストで満点を取るには、さらには受験で勝つには「短期記憶」を「長期記憶」にしなければなりません。

英文を読むうえで重要になってくる英単語は、学年が進むにつれてどんどん増えていきます。
その時に出てきた新しい単語を覚えても、昔ならった単語が分からなければ、
当然ながら英文の意味は理解できない⇒テストで良い点数が取れない⇒英語嫌い
という負のスパイラルに陥ってしまいます。

そうならないために、そしてゆくゆくは皆さんの人生のどこかでちょっとでも
「英語ができてよかった」って思ってもらいたい、
やっちゃんはこのブログを通じてそのためのお手伝いがしたいと考えています。

次回は具体的な英単語を「長期記憶」として定着させる方法をご紹介したいと
思いますのでお楽しみに!!
プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
家庭教師のぐんぐんの英語担当のやっちゃん先生です!みんなの苦手な英語を楽しく解説♪

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。